【緊急報告】インドのレビトラジェネリックの製造中止

レビトラファンの方は、買い占めしなきゃ!

インド製のレビトラのジェネリックが製造中止になりました。
インド国内にあるレビトラのジェネリックがなくなり次第販売中止となります。現在、個人輸入で通販出来るレビトラのジェネリックですが、今後、手に入らない事になりそうです。

インドのレビトラジェネリックのジェビトラ20

今回は、レビトラのジェネリックのジェビトラ20を個人輸入しました。個人的にはシアリスが合っているのですが、食べ物の制限を受けずらい特性と即効性の優れたレビトラをお守りとして持っておくのも良いと考えて個人輸入しました。

これが正解のようです。

ジェビトラには、バルデナフィルが20mg、40mg、60mgの3種類が製造されています。

私が注文したのは、ジェビトラの40mgですが、代金を支払ってから、製造中止になって40mgが無くなってしまったので、20mgで対応させてくださいとの返信が来ました。

ジェビトラ40mgを30錠注文していたので、ジェビトラ20mgを60錠送ってくれるとの事でした。40mgは、半分に割って服用していたので、20mgが60錠の方が良かったのです。

このブログを見て、レビトラジェネリックを個人輸入出来た方はラッキーです。


インドレビトラの製造中止の理由

インドでレビトラのジェネリックが製造されて時点では、インドの法律では製造特許が関係ありませんでした。しかし、現在の法律は変わり、これからの特許に従って薬を製造しなくては駄目になりました。

しかし、レビトラのジェネリックは、この法律前から製造販売されていたので、適用外だったのですが、レビトラ錠の製造販売元のバイエル薬品が新たな特許を付け加えたと言うのが一説です。

バルデナフィル自体に特許を取ったらしいのです。

詳しい特許内容は分かりませんが、バイエル薬品が現在造られているレビトラのジェネリックを作れないようにしたという事なのです。

バイエル薬品にすれば、今まで、勝手に使われてきた製造特許を現在の法律で如何に適用させるか考えたのでしょう。正当な理由かと思います。

しかし、インドの激安のレビトラジェネリックの愛用者は、どうするのでしょうか?

今現在ある、レビトラのジェネリックを個人輸入するしかないです。


レビトラのジェネリックの再販売の可能性

今現在では、再販売する薬品メーカーがあるか?疑問です。
レビトラのジェネリックを再製造する為には、バイエル薬品に特許の使用料を払わなければなりません。使用料がどの程度か分かりませんが、現在より高くしなければなりません。

再犯されれば、数倍の価格になる可能性があります。

人気のレビトラジェネリックは、高額になって再販売されます。

実際の価格が発表されなければ、分からない想像の話で誠の申し訳ないのですが、低価格で再販売されることを祈るしかないです。
レビトラジェネリックの個人輸入

レビトラジェネリック愛用者の方は、まだ個人輸入できる可能性があると思うので、迷わず注文するしかないです。インドの在庫無くなっているか?分かりませんが、今現在では多少在庫がありますので今が最後のチャンスです。

ジェビトラ、ブリトラ、バリフが販売されています。早漏防止の薬が配合されたスーパージェビトラは販売中止になっています。

EDクリニックで正規品のレビトラ錠

レビトラのジェネリックが再販売されるまでは、高額ですが、EDクリニックで処方をしてもらってレビトラ錠を購入するしかないと思います。

決して、安いからと言って、レビトラ錠の偽物を東南アジアから購入しないようにしてください。

タイの露店では、普通にレビトラが販売されています。100%偽物なので、インドのレビトラジェネリックを購入できなくなった後に、中国の偽物製造集団がレビトラの偽物を販売するのがとても怖いです。

私は、シアリスはですが、シアリスがレビトラと同じく製造中止になったら、EDクリニックで処方してもらいます。

セックスの為に必要な薬ですが、安いからと言ってシアリスの本物か?偽物か?分からない薬を服用する気はありません。

くれぐれも、便乗商法で偽物が販売されるのも想像できるので、危険なレビトラの偽物は購入しないようにしましょう。個人輸入は自己責任なので、命を掛けてまで勃起させる必要はないと思うのは私だけでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です