バイアグラとは?

バイアグラとは、勃起不全(ED)治療の効果のある世界的にも最も有名なED治療薬です。ED治療薬として世界で初めて製品化されました。1998年1月にアメリカで発売され世界中にこのED治療薬が広まりました。青色で菱形の外形が特徴で中身は白い薬剤です。ファイザー製薬のバイアグラは薬価基準未収載であるため保険適用外の薬に分類されるので国内の医療機関で自費診療となります。

アメリカでの発売当初、男性にとっては「夢のED治療薬」の登場とだけあって、話題は瞬く間に日本国内でも広がりました。「自分も服用してみたい!」と思った多くの日本人が個人輸入や個人輸入代行でバイアグラを入手しました。当然、医療機関で併用禁忌や使用上の注意点などの説明を受けていないため、用法用量を守らず服用していました。このような人たちは後を絶たず、ついには併用禁忌薬である硝酸剤と併用してしまい重篤な副作用を発生させる事例が急増。中には心肺停止の事例も起きてしまいました。

このような健康被害が発生してしまったため、日本でも早急にバイアグラの製造販売を承認し、安全対策を取らざるを得ない状況となりました。そして、承認申請からわずか半年間という異例のスピードで認可されました。アメリカでの発売から1年後の1999年1月25日に製造販売承認を取得、同年3月23日に日本でも販売が開始さました。

バイアグラの販売開始から現在に至るまで、EDに悩む多くの男性の心の支えとなっています。国内で承認を得ている規格は[25mg]と[50mg]の2種類のみですが、国外ではどこの国でも[100mg]まで認可を得ています。国内正規品のバイアグラ100mgというものは存在しませんので覚えておいて下さい。

しかし、個人輸入するバイアグラが100mgです。ここで、問題になっているのが、模造品バイアグラです。東南アジア(シンガポール・タイ・香港など)からの発送したED治療薬です。見た目のパッケージは、精密にできた偽物で素人には見分けがつきません。しかも、成分は、バイアグラと同じシルデナフィルを使っているため、服用した人は偽物と感じない事です。実に使用した自との95%は本物と思って使用しています。

偽物バイアグラのシルデナフィルは、分量がまちまちで、適量の数倍含まれている偽物バイアグラも存在しました。重篤な状態に陥って当たり前です。シンガポールでは、偽バイアグラで死亡してる方、危篤状態など健康被害が問題になっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です