禁煙を決断!宣言して煙草を辞めます。

ちょい悪オヤジの自分が、禁煙を決意した理由は、30年間の付き合いの取引先の社長さんが、肺癌になってしまった事です。

この社長は、1度死んでいます。正確には、昔の医療技術では完全に死んでいたと思います。
3年前に脳こうそくで、救急搬送され、応急処置で大事には至らなかったのですが、このままでは、いずれは梗塞が再発し危険な状況らしかったのです。頭部の外側の動脈をと脳内部の動脈をつなぐ大手術を受け、見事生還しました。

ここまでは、良かったのですが、ヘビースモカーの社長は、退院後直ぐに煙草を復活してしまったのです。
多分、私もそうしたかも知れません。

後悔先に立たず!の言葉通り、「あの時、たばこ辞めていたら・・・」こう呟かれた時に、俺も後悔しない為に禁煙しようと決めました。

その社長は、2016の5月頃より股関節に違和感がありゴルフでも痛がっていました。
この時点でリンパに腫瘍があったのです。色々な病院に行っても、原因が分からず、2017年1月に股関節付近をMRIで調べることになったそうです。検査当日、たまたま通りかかった呼吸器課の医師が、変な咳してるのに気づいて、急遽全身のMRI検査に切り替わったそうです。

この医師のおかげで、肺癌、股関節の腫瘍、脳の腫瘍、が見つかったのです。いずれも進行がんらしいです。

肺癌においては。ステージ3です。

自分では、「余命1年かな?」とかなり落ち込んでいました。
あきらめたらあかん!
私の友人の親が、膀胱がんの末期から完治した話を聞いていたので、直ぐにアドバンスクリニックに予約を入れ、ここのドクターの著書を持っていきプレゼントしました。

この本は、私は読んでないのですが、翌日に社長から電話が来て、「俺!直る気がする!ありがとう!」と言われました。

周りの人が、勇気を与え癌と向き合わせて戦わせることが大事だと思った瞬間です。
癌に良いというものは全て試そう!そう言って、ノニジュースを見舞いに持っていき、ホルミシス効果が良いと思えば、微量放射線のマイナスイオンプレートをプレゼントし、戦わせております。

しかし、自分は、今までと変わらない生活です。1日30本~40本吸うスモカーです。

このままで良いのか?

ここで、「俺、たばこ辞める!」大勢の前で宣言しました。
今現在は、喫煙中です。

禁煙外来でチャンピックスを処方してもらおうと思ったのですが、こまめに病院に行くのが苦手で、チャンピックスを個人輸入しました。多分1週間程度で届くと思います。なんとかチャンピックスの効果を期待して頑張ります。

届いたら、禁煙の状況をブログでアップしますので、たばこをやめようと思う方は、参考にしていただけたら幸いです。

また、社長の闘病ブログもアップする予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です